9:00 午前 - 9:05 午前

ご挨拶とDataFest 2021 Japanの見どころをご紹介

中山 尚美

Denodo、営業本部長
9:05 午前 - 9:35 午前

ForresterのVP兼プリンシパルアナリストであるMicheleGoetzのセッションに参加して、データファブリックとは何か、データ駆動型組織がデータファブリックを必要とする理由についてご理解いただけます。ロジカルデータファブリックを作成する方法といくつかの最も重要なユースケース、組織がロジカルデータファブリックを展開することにより、実質的なROIを達成することをどのように期待できるか、などについて触れていきます。

9:35 午前 - 9:55 午前

ブリヂストンのDX実現に向けて、R&D各部門で保有されている多数のシステムに散在するデータをdenodoを使って連携する仕組みを構築し、エンジニアリングチェーンの”素材”、”製品開発”、”モノづくり”、サプライチェーンの”製造データ”、”顧客市場データ”をバーチャルに繋ぐことで、データ駆動型アプローチへの業務変革に取り組んでいます。当社のdenodo導入事例と、denodoを活用のために工夫した取り組みについてご紹介いたします。

堤 憲明

株式会社ブリヂストン, 事務主幹
9:55 午前 - 10:10 午前

先行きが見えず、不確実なビジネス環境の中で企業が成長していくためには、データに基づいて迅速に意思決定を行い、変化に柔軟に対応していくことが重要です。多様でサイロ化されたデータを、俊敏かつ柔軟に活用し、次の戦略に生かしていくためにはどうあるべきか?私たち日立ソリューションズが考える「インサイトの創出を実現するデータプラットフォーム」についてご紹介します。

川口 栄治

株式会社日立ソリューションズ, 技師
9:55 午前 - 10:10 午前

DXの実現にはデータドリブン経営の実現が必要であり、その手段としてデータ民主化が有効です。昨今では、脱炭素などの国際視点でのビジネス対応も急務であり、システム環境においてもグローバルスタンダードの環境整備が必要となっており、その結果、クラウドネイティブ化や外部データとの連携が進むと考えられます。次の10年を見据えると、現在の密連携の環境では、変化への対応に限界があり、今後は柔軟かつスピード感が求められ、API・Fullによる環境が必須であると考えます。弊社では、DenodoとBIの組み合わせによりAPI・Fullによるデータ環境を構築し、必要なデータを広く開放するデータカタログ化を実現します。
本セッションでは、業務のDX化に向けたデータカタログ化モデルを交え、弊社の取り組みをご紹介いたします。

 

島田 雄次

日本システムウエア株式会社, 副部長
10:10 午前 - 10:30 午前

データの利活用が企業経営の鍵を握りつつある中、データの種類・量は増加の一途を辿っています。データを物理的に統合管理するのは限界に達している一方でデータを活用するニーズは益々高まっている、多くの企業はこのギャップに苦労されているのではないでしょうか。
本セッションでは、弊社CTOによる見解を元に、そのような状況を打破する一つの道筋となる論理データファブリック、それをAI、革新的セマンティックスによって実現するDenodoのビジョンについて紹介します。

菊池 智功

Denodo, ソリューション・コンサルタント
10:30 午前 - 10:45 午前

弊社では、クライアント企業向けにデータ利活用プラットフォーム「DNPマーケティングクラウド®」をご提供しております。このプラットフォームは、データ活用を進めようとするときに直面する課題をうまく解決し、企業でのデータ活用をサポートしてくれるものです。その中で重要な役割を果たしているのがDenodoです。本セッションでは、弊社のDNPマーケティングクラウド®での取り組みを通じて、データ活用を前進させるために考えるべき3つの視点についてお伝えします。

久米 弘文

大日本印刷株式会社, プリセールスエンジニア/ポストセールスエンジニア
10:30 午前 - 10:45 午前

多くの企業でデータ統合プロジェクトを導入検討される中で、基本コンセプトは大量のデータを集めるというところから始まっているのではないでしょうか。新たなコンセプトとして、データを論理的につなげて管理するという発想転換をする事で、大量にあるデータにガバナンスをかけ、マネジメントすることが実現可能となります。本セッションでは、データをつなげ、ガバナンスからデータマジメントまで容易に出来る手法を解説致します。

石家 丈朗

株式会社ジール, 上席チーフスペシャリスト
10:45 午前 - 11:00 午前
11:00 午前 - 11:45 午前

包括的なエンタープライズレベルのデータファブリックに注力しているDenodoは、AIレコメンデーションフューチャーパックとセマンティックフューチャーパックという新たな機能パッケージをDenodo 8 Update 2から追加しました。本セッションでは、これらの実機でのデモンストレーションや機能を追加した背景・目的、更に将来的なロードマップをご紹介します。
 

貞森 雄介

Denodo、プリセールス・エンジニア
11:45 午前 - 12:00 午後

Denodoを用いることによって、仮想化された一元的なデータ分析基盤の構築が可能になります。一方で、センサーデータや勘定系で時事刻々に更新/発生するようなデータを利用してリアルタイムデータ分析を行なおうと考えた場合、どうしてもデータソース側への影響が発生してしまいます。本セッションでは、データソース側への影響を最低限としたリアルタイムデータ分析を行える、企業の様々な要件に応えるための、物理/仮想のハイブリッドアーキテクチャのご紹介をいたします。

宮地 敬史

株式会社インサイトテクノロジー, CTO (最高技術責任者)
11:45 午前 - 12:00 午後

マルチクラウド環境の活用が進みつつある中、その重要な構成要素の一つであるデータレイクに改めてフォーカスをあててその起源を振り返ると共に当社にて担当している案件のユースケースをいくつかご紹介致します。またデータレイクにおけるデータの透明性を保ち、その他データソースのデータを含めた統合的なメタデータ管理を行う機能としてDenodoのデータカタログ機能をご紹介致します。更にオプションとしてオンプレミスにてDWHを構築済のお客様向けにDenodoを活用したクラウド上のDWHへの移行プランをご紹介致します。最後にDWH、データレイク、データカタログ機能を含むデータ仮想化(Denodo)を活用したアーキテクチャーの当社の考える全体像についてご紹介致します。

佃 明盛

日鉄ソリューションズ株式会社, プロフェッショナル
12:00 午後 - 12:30 午後

組織がクラウドコンピューティングプラットフォームを選択し、データとアプリケーションをハイブリッドクラウド環境に移行すると、複数のプラットフォームを使用して、分析用の新しく増加するデータタイプをサポートします。ただし、エンタープライズデータアーキテクチャが拡張されてクラウドとオンプレミスの両方のプラットフォームとシステムが組み込まれるようになると、環境の複雑さが運用の非効率につながります。データの待ち時間と冗長な計算が、データの認識の低下と相まって、迅速な情報分析と配信に対するデータ消費者の期待を失います。

ロジカルデータファブリックは、ハイブリッド環境で分散データを統合するための最新の非常に効果的なアプローチです。組織は、ロジカルデータファブリックを活用して、システム上の課題を克服し、分析とレポートを簡素化し、レポート/分析、データサイエンスのライフサイクルを高速化して、ダウンストリームのデータ消費者に力を与えることができます。このセッションでは、著名なアナリストであるDavid Loshinが、最新のデータ管理と分析の取り組みに対処するためのロジカルデータファブリックの最も重要な機能について説明します。

以下について触れます:
•ハイブリッド環境の出現(および永続性)
•データ消費を可能にする際の課題
•ハイブリッド企業におけるデータ認識の必要性
•ロジカルデータファブリックの最も重要な機能

12:30 午後 - 12:50 午後

オンライン通販やキャッシュレス決済など、さまざまな「デジタル」が我々の生活に浸透し、企業の生活者との接点はひろがり、より多くの「データ」を得られるようになりました。これらのデータを、マーケティングや生活者の行動分析に最大限活かすには、一つ一つのデータの個別利用だけでなく、統合や組織内での共有など、「使えるデータ」にする仕組みが重要となります。データ仮想化技術を用いた、組織を横断したデータ統合基盤構築について、活用例を交えてご紹介します。

本田 博之

株式会社博報堂DYホールディングス, 上席研究員
12:50 午後 - 1:10 午後

中山 尚美

Denodo、営業本部長